【矯正①】急速拡大装置をつけて約6か月。今だから話せること

歯列矯正を始めて早6か月が経とうとしています。
同じく頑張っている方々と少しでも努力を分かち合いたい!ということで、簡単な記録を綴っていきたいと思います。

急速拡大装置、最初の1か月は本当につらかった

私の場合、歯が大きいことに加えて顎が小さいため、
ワイヤーを取りつける前にまずは顎を広げなければならず…
上顎には急速拡大装置と呼ばれる固定式の装置、
下顎には取り外し可能な拡大装置を装着することから始まりました。

まず1週間ほど歯間にゴムを入れて隙間を作る

青ゴム』と呼ばれるものですね。

これは地味に痛かった(歯が押される痛み)
常に口の中がゴム臭い
上下の歯が噛み合わさる度に、何とも言えない違和感があり相当苦手な工程でした。
日が経つにつれて段々ゴムが伸びて、
最終的には切れて外れるのですが・・・伸びてる間がまた不快感
食べ物は挟まるし、ゴムが伸びているのを舌で感じてしまう
この口内の感触と匂いで、食欲なくなってました。

青ゴム卒業!急速拡大装置をつける

短い期間でしたが、青ゴム地獄は相当長く感じました
やっとおさらばできる!と、すごく嬉しかったのを覚えています。
こんな初期段階で心折れそうになるとは思いもしなかった(笑)

下顎につけるのはこれ


写真右にある器具を使って装置のネジをまわして、真ん中の隙間をどんどん広げていきます。
装着時間は長ければ長い方が良いと先生からお話がありましたが…
なかなか仕事中に着けることができず、下顎が広がるまで結構時間がかかりました。

上顎についたのがこれ


画像が酷くて申し訳ない。
わかりずらいと思いますが、上顎に金属製の装置がついています。
固定式なので外れません。写真の上ブルーの器具を使って自分でネジをまわしていきます。

外側から見るとこんな感じ

取り付けてもらった直後の素直な感想を述べていいですか?
ありがとうございます、じゃあ遠慮なく。

心の声1【これもうサイボーグじゃん!爆】
心の声2【こんなもん着けて生活できるか】
心の声3【なんだこの圧迫感は】
心の声4【もう外してください】

先生は装着前に何度もこのことについて話してくれていました。
「慣れるまでは大変だと思います。」
「お仕事は接客業ですか?大丈夫ですか?」って。
覚悟できてますか?ってことだったのよね。

覚悟、できてましたよ。
「やるって決めたんだ!長年悩んできたのだから、もう後戻りはしない!」って…全部キレイごとでした。エセ覚悟でした。
先生から装着後の感想を聞かれて、正直に答えた私。

へんへいほえ、はうぇいうあいうぇふえ
(先生これ、しゃべりづらいですね)

ってね。
もうこれ以上は話せませんでした。

ツラかった理由その1:うまくしゃべれない

装着直後はもちろんのこと、約1か月程しゃべりづらさを感じました
特に発音しにくかったのが「」と「
樹木希林(きききりん)さんなんて上級者にしか言えないお名前です。
最初の「」からつまづきます。
あとは至れり尽くせり(いたれりつくせり)かな。
」「」以外も、発する前に一旦構えないと話せない状態でした。

ツラかった理由その2:食事が苦痛

装着後、初めて口にしたのはパン
しかも焼きそばパン
それはそれは地獄だった…一口で断念。
口に入れたものが装置の隙間に詰まって取れないし、痛いし、慣れないうちは装置も一緒に食べてるような感覚になって気分が悪い。
もう食べ物も美味しく食べることができないんだ・・・と悲観的になって泣いてしまう始末。
このままではいけないと思い、食べられそうな物を探しました!
最初の頃よく食べていたのがこちら

茶碗蒸し(具はNG)
玉子豆腐
蒸しパン
ゼリー

栄養が相当偏っていたので、頻繁に
メ〇バランス」様のお世話になっておりました。

ツラかった理由その3:ネジをまわした翌日の激痛

ネジをまわして装置を広げるということは、顎の内側からさらに押されるということ。
鈍痛が続くのは仕方のないことなのですが
翌朝、起きた後の痛みが酷かった。
上下噛み合わせるだけで痛いんだから食事なんてしたら激痛です。
この痛みに慣れるまで、憂鬱な日々が続きました。

安心してください、全部慣れます

ツラかったことばかり並べておいて、今さら何を言ったって説得力がないかもしれませんが、どうか伝えさせてください。
人間ってすごい。
どんどん食べれられる物が増えて、
意識せずに話ができるようになっていきました。
痛みだって「この程度の痛みね、はいはい」で片付けられるようになった。
今じゃ装置をつけていること自体忘れてしまう
なんでも美味しく食べてます(笑)

ただいま固定期間

写真で真ん中のネジ部分を見ると
広がったな~と改めて実感

おわりに

途中であきらめなくて良かったと心から思っています。
今後も記録を更新していく予定ですので、よかったらご覧になってください。
矯正中の皆様、これから矯正が始まる皆様、
応援しています!!お互い頑張りましょう♪

8 Replies to “【矯正①】急速拡大装置をつけて約6か月。今だから話せること”

  1. はじめまして。
    2020. 0106 に矯正スタートしたものです。食欲もなくなり、口の中は口内炎できて。とても憂鬱で、ネットで調べていたらこちらにたどり着きました。
    日記を読んで少し心が楽になりました。ありがとうございます。がんばります。

    1. まちこさん
      コメントありがとうございます!
      しばらくブログ更新できていませんが、私もまだ矯正継続中です。笑
      つらいですよねー、
      食欲でませんよねー
      痛いほどわかります( ; ; )
      矯正を始める覚悟と勇気を持ち
      実際に装着までこぎつけた自分を褒めてあげてください。
      最後まで頑張れば、
      矯正によって経験した精神的・肉体的ダメージを一気に吹き飛ばすくらいのゴールが必ず待っています。

      私は並び始めただけで感動していましたww

      一緒に乗り越えましょう!
      頑張ってください。応援しています!

  2. はじめまして。
    2020.3.3に急速拡大装置を上顎につけたものです。
    ものすごく違和感があり、話しにくいです。
    歯周病治療のために歯石もとったのですが、痛みがあって辛いです。

    この記事をみて、慣れるまで頑張ろうと思いました。
    ありがとうございます。

    1. 今日、拡大装置をつけました。
      この先大丈夫?と不安過ぎて、色々検索していた所、このブログにたどり着きました。ほんと、ご飯が食べられない。
      ご飯が食べられないし、きつい。
      しかも、私コールセンター業務です。
      発音できないです。
      明日から、憂鬱ですが、このブログを支えに、頑張りたいと思います。
      歯磨き方法や、歯磨きグッズ、食用がない時でも食べれた物。色々教えてほしいです。

      1. みほさん
        コメントありがとうございます!
        なんと!コールセンターのお仕事をされているのですね!
        いや〜すごい!決心して踏み出したことがまず素晴らしいです(拍手)コールセンターのお仕事ほど喋りが重要ではないのですが、私も喋りが必須な職業のため拡大装置をつけ始めた日から時間があるときは友人や家族に電話をかけてしゃべりまくっていたことを思い出しました(装置ありでの滑舌に慣れるため)
        独り言もたくさんしました!笑笑
        苦労されていることと思いますが、どうか頑張ってほしい!というのが私の勝手な願いです。歯磨きに関すること等、またアップしますね^_^
        お読みいただきありがとうございます。

  3. 今日、まさに急速拡大装置を取り付けました。
    喋り方が変だしベロは切れて出血、ご飯食べたら挟まるし噛むと歯より先に金属を噛むので苦痛過ぎです。。喋り方がヤバ過ぎて友達に爆笑される始末(笑)この器具をどのくらい付けてないといけないのかかなり不安ですが、こちらのブログを読んで勇気づけられました!
    頑張ります(^^)

    1. もりぞうさん
      コメントありがとうございます!
      わかりますわかります!ぜーんぶわかります!その苦痛ー!( ; ; )
      私なんて気を遣われて苦笑いされていました。いっそのこと爆笑してほしかったです。笑笑
      まだつけ始めて数日で、日々お辛い時期かと思いますが…泣
      どうかどうか早く慣れますように。
      本当にお疲れ様です!

  4. のりこさん
    コメントありがとうございます!
    急速拡大装置をつけてそろそろ1ヶ月でしょうか?具合はどうですか?( ; ; )歯石も取ったのですね!それはそれは…お疲れ様でした。痛かったですよね。泣
    矯正中は歯周病にもなりやすいため、私も気をつけています!
    諦めずにお互い頑張りましょうね!
    こちらこそありがとうございます^_^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA