【保育士試験】宣言・条約の覚え方

宣言やら条約やらわけわからん…っんぁああ!(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

と、試験勉強への素直な思いが伝わるコメントをいただきました。

(↑こんなふざけたコメントではなく、ご丁寧なメッセージをいただきました。ありがとうございました。)

今回はゴロ合わせのみとなりますため、イラストはありませんが

お役に立てますと幸いです。



 

 似たような宣言・条約があって頭ぐちゃぐちゃ

年代順の並べ替えが出てきたらラッキー問題‼︎
でも、名前が似過ぎてるから混乱しやすいのが残念。
これ外すと悔しいんですよねー
「見たことある!でも、うろ覚え…あれ?何度も見たのに…ハァ。」って
どうせなら、名前だけでなく〇〇年まで覚えちゃいましょう。

1924 ジュネーブ宣言
1948 世界人権宣言
1951 児童憲章
1959 児童の権利に関する宣言
1966 国際人権規約
1979 国際児童年
1989 児童の権利に関する条約

宣言・条約エリアで
「ゴロ合わせを作って覚えてしまえ!」「保険かけとけ!」と自分に言い聞かせ、目をつけたのが上記7つでした。このエリアの文字見ただけで拒否反応。
だからこそ、しょーもないイメージをつくって覚える。

ご存知の通り、全て19〇〇年なので 〇〇の部分だけを覚えてしまいます

 


1924 ジュネーブ宣言強いねー

つよ→24

ねー→ジュネー


1948 世界人権宣言社会人

しゃ→48

かいじん→世界人


1951 児童憲章コーヒー券賞

コーヒー→51

けんしょう→憲章


1959 児童の権利に関する宣言

子ども号泣宣言

こども→児童

ごうきゅう→59

せんげん→宣言


1966 国際人権規約ムム国人】←これしか思い浮かばなくてw

ムム→66

こくじん→


1979 国際児童年泣く国道

なく→79

こくどう→際児


1989 児童の権利に関する条約

子ども野球場

こども→児童

やきゅう→89

じょう→


 

↓ちなみにこちらはおまけで覚えていました。年代順に並んでいます↓

 

ジュネーブ、石けん言うたら国産の約束やろ

 

ジュネーブ →  ジュネーブ

石  →  

けん →  

言うたら→  宣

      国産 → 際人権・際児童

約束やろ→ 条



 

ズラーッと敷き詰められた長文問題に『19〇〇年に~』と記載されているパターンも多いので、西暦も一緒に覚えておけば大きなヒントになります。

『年代順に並べよ』は、ラッキー問題になるはず!

通常の暗記プラス、こういうくだらない語呂を覚えておくのも良いかもしれません。 人それぞれ覚えやすい方法があると思いますので、 あくまで参考として紹介させていただきました。

 

応援してます!頑張ってください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA