【保育士試験】イラストで覚える重要人物②

【倉橋惣三】1882-1955

東京女子高等師範学校附属幼稚園の主事を務めた
著書『育ての心』『幼稚園雑草』『幼稚園真諦』
誘導保育を実践

【オーベルラン】1740-1826

フランス革命前のフランスに幼児学校(幼児保護所)を開設
編み物学校とも呼ばれた

【キルパトリック】1871-1965

アメリカの教育学者
学習方法※『プロジェクト・メソッド』を確立
※目的→計画→遂行→判断・評価の4段階を経て問題に取り組む

【コダーイ】1882-1967

ハンガリーの作曲家
民族音楽による音楽教育を考案
その名も『コダーイ・システム』

【オーズベル】1918-2008

アメリカの心理学者
有意味受容学習』を提唱

 

試験勉強でとってもお世話になったテキストがこちら↓

いちばんわかりやすい保育士合格テキスト[上巻] ’19年版 [ 近喰 晴子 ]

価格:1,944円
(2019/6/6 20:41時点)

いちばんわかりやすい保育士合格テキスト[下巻] ’19年版 [ 近喰 晴子 ]

価格:1,944円
(2019/6/6 20:46時点)

【保育士試験】イラストで覚える重要人物①


人物名や用語など、暗記していたつもりだったのに
いざ過去問や試験で出題されると「ん?これだったかな…」と自信がなくなってしまう。というのは試験ではよくあることですよね
せっかく頑張って覚えたけど、実は記憶が曖昧だった。試験中にそのことに気づき大パニック!なーんてもったいない。

試験対策はイラスト暗記がおすすめ

筆者は曖昧な記憶を避けたかったので、普通の暗記おバカなイメージで保険をかけました♪
しょーもない発想だからこそ記憶の引き出しにすんなり入ってくれるんです。
覚えにくかった用語や人物名など、実際に役に立ったイメージや語呂をイラストでご紹介していきます。

保育士試験といえば重要人物の暗記

試験で人物関連の問題が出てきたら超ラッキー☆彡
テキストに載っている全ての人物を暗記していなくても、問題5択の中から消去法で正解を見出せる可能性が高いんです。
が!なかなか頭に入ってこないんだなーこれが。
だからね、自分の中で勝手にキャラクターをつくって覚えました。一字一句完璧に名前や著書を覚える必要はない。まずは興味を持つことが大事です

【モンテッソーリ】1870-1952

イタリアの女性医学者
知的障害の教育治療
手を使う教具『モンテッソーリ教具』を開発
スラム街に『子どもの家』をつくったことで有名

【ブルーナー】1915-2016

アメリカの心理学者。『発見学習』を提唱
著書「教育の過程」

【コメニウス】1592-1670

チェコの思想家
有名な書物「大教授学」
世界初の絵入り教科書『世界図絵』を著した

【ローレンツ】1903-1989

オーストリアの動物行動学者
インプリンティング』※生まれて初めて見たものを親だと思い込む現象を発見

【ルソー】1712-1778

フランスの社会思想家
著書『エミール』
消極教育を唱えた
教育「自然」「人間」「事物」の教育

【ペスタロッチ】1746-1827

著書『隠者の夕暮れ
教育の特徴『直観教授』「生活が陶冶する」

【エレン・ケイ】1849-1926

スウェーデンの女性思想家
著書『児童の世紀

【ラングラン】1910-2003

フランスの教育思想家
生涯教育』を提唱

【ボウルビィ】1907-1990

イギリスの精神科医
ホスピタリズムの研究を行う
『愛着:アタッチメント』の重要性を唱えた

【ロック】1632-1704

イギリスの哲学者
著書「教育に関する若干の見解」
白紙説(タブラ・ラサ説)を唱えた

↑白紙にロック、、どうしてもこれしか思い浮かばなかった(苦笑)
ペスタロッチ兄さんは今後も登場します!

 

ちなみに、私が保育士試験の勉強を始めるにあたって使用していた教材はこちら試験直前までお世話になりました。
細かいことですが、テキストによって文字の大きさや色使い・わかりやすさなどちょっとずつ違って特徴があり、人それぞれ好みがあるかと思います。
私の場合はこのテキストと相性がよく、一から勉強するにはもってこいの教材で大活躍してくれました。

いちばんわかりやすい保育士合格テキスト[上巻] ’19年版 [ 近喰 晴子 ]

価格:1,944円
(2019/6/6 20:41時点)

いちばんわかりやすい保育士合格テキスト[下巻] ’19年版 [ 近喰 晴子 ]

価格:1,944円
(2019/6/6 20:37時点)

独学で合格するために必要なこと


受験資格があるならチャンス!
挑戦してみよう

学校に再入学して勉強し直すのはリスクが高く、予備校に通うのはどうだろうか…と考えたこともあるけど、今の生活を考えたら現実的ではない。
私は保育園で勤務をしながら独学の道を選びました。

受験するぞと決意してから一次試験までの期間は約4ヶ月
ですが!4か月みっちり勉強できたわけではありません。
独学あるあるだと勝手に思っているのですが…エンジンがなかなかかからなかった。ええ、そうです。ただの甘えです、わかっています(笑)

受験しようと決意して約2ヶ月は、気が向いたときにパラパラ参考書を読む程度
自分のライフスタイルに学習時間を自ら組み込むのって
意外と難しい...そう思ってしまったのは私だけ、かな?

結果は8科目合格(笑)
はい、1科目落としました。あと1問で合格でした。
他に比べると自信があった科目だったので、ガッツリ油断。自業自得です。

 

1科目落としておいて偉そうに言うのもなんですが、
時間は関係ありません。費やした時間=結果ではない
毎日勉強できなくてもいいんです。
仕事や家事や育児で疲れてやる気が出ない、そんな日もある。

今日も勉強できなかった・・・と己を責めるよりも
そんな日は試験等難しいことは一切忘れて
ゆっくり好きなことしましょう。
脳と体をたっぷり可愛がって、来たる勉強モードに備えるのです。

【勉強モードとは】「今日、いけるかも?」「少しくらいなら頭に入りそう」etc..←このモードがやってきたときこそが、本当の勉強時間・勝負の時間です。

時間を確保するだけでは学んだことにはなりません。
忙しい中、独学で頑張っている方々、
休養時間の確保、最重要

今後ちょくちょく勉強法を載せていこうと思っています。
少しでもお力になれれば嬉しいです